育児疲れの大変な日々・・

私は育児がこんなに大変だとは思いませんでした。毎日余裕がなく育児をするのは、想像と現実では全然違います。なんか雑になってきて、悪影響はないだろうか、我が子は大丈夫なのだろうかと思います。汚れやすい家なので、子供が生まれる前はよく掃除をして、清潔な状態を維持していましたが、育児疲れで掃除は元気な時だけするようになってしまいました。夜にまとまった睡眠が取れないのが、元気がなくなる原因ですが、夜中にも育児はあるので仕方がありません。

片付けすらする気力も残っていなくて、少しずつゴミ屋敷に近づいていきそうです。洗濯物を畳んで押入れやタンスにしまいたいのですが、洗濯干し用の10連ハンガーに干したままで、室内に入れてそのままになっています。必要になったら、タンスから取って来るのではなく、室内干し状態の洗濯物を取ってくると言う感じです。

しまう工程が無くなって、効率がいいと言うかだらしない感じです。床も掃除機では取れない汚れがあるので、拭き掃除をしたいのですが、時間と気力と体力が無いので、掃除機ばかりになりがちです。上の子供と遊んであげたいとも思います。大人になったら子供時代の親との交流がいい思い出になると思うのです。思い出せないくらい交流が少ないと、とても悲しいです。気合をいれてテーマパークや、お弁当を持って行って公園に行った翌日は、私は抜け殻のようになっています。

こんな疲れた親の姿を見せたくないので、子供がいる時は隠れるように休んでいます。子供の遊び相手はスマホやプラレールに任せっきりです。お風呂に入る気力もなくて、痒くなって仕方がない時だけ、痒さに背中を押してもらうような感じで、シャワーだけで済まします。

気が付いたら、今日は歯磨きしたかなっと思う日もあります。なんか当たり前の事も出来なくなってきました。育児って一人でやるものではないと実感しました。きっと育児疲れで心に余裕がなくて、子供に優しく接していないと思います。